最近のトレンド、プラグインハイブリッドって何?

最近のトレンド

PHEVの情報をお伝えします。

こんにちはパクパクです。 

今日は、ここ数年あらゆる媒体ででも話題のPHEV(プラグインハイブリッド車)の情報について、書かせて頂きます。

PHEVとは?

PHEVは、プラグインハイブリッド車の事で、電気自動車(EV)とガソリン車の両方の特徴を持っている車の事です。1回フル充電すれば、燃料電池(ED)だけで20Kmから30Kmぐらい走れます。

電気自動車とプラグインハイブリッド車の違いは?

地球温暖化の影響を受けて、各国の自動車メーカーは、それぞれの国・地域の厳しい排気ガス規制を受けて、数年後にはガソリン車の製造を中止する事が、既定路線となっています。 

電気自動車(EV)は、排気ガスを一切出さずプラグイン・ハイブリット車(PHEV)でも、局所的なゼロエミッション、(廃棄物の排出ゼロ)走行が可能となっています。 

電気自動車(BEVバッテリー式電気自動車)は、100%電気のみで走行します。内燃エンジンを使わないため、ゼロエミッションに依る即功を実現しました。この事に依り、電気自動車(BEVバッテリー式電気自動車)は、環境性能んも最大ポイントを獲得しています。 

多くのドライバーが気にしている航続可能距離の問題ですが、その心配も過去の事となりました。殆どの 電気自動車(BEVバッテリー式電気自動車)は、走行距離が330kmを超えています。 

殆どのドライバーの1日当たりの平均走行距離は、330kmに満たないというデータがあります。 

電気自動車(BEVバッテリー式電気自動車)は、殆どの国で補助金や税制優遇措置が受けられます。自宅や職場に充電できる環境があるならば、電気自動車(BEVバッテリー式電気自動車)は、まさに最良の選択となります。 

公共の充電ステーションも都市やサービスエリアに続々と整備されていますので、今後電気自動車(BEVバッテリー式電気自動車)による長距離走行が益々可能になると思います。

ハイブリット車とは?

電気自動車と異なり、ハイブリット電気自動車(HEV)は、内燃エンジンと電気モーターの両方を備えています。 

プラグインハイブリッド車(PHEV)は、電力のみで例えばBMW530eの場合、ゼロエミッション走行で、およそ52.5kmの距離を走行できます。 

毎日の通勤はゼロエミッションで走行し、長距離のツーリングには内燃エンジンに依る走行を選択出来るのです。 

さらに水素燃料電池自動車(FCEV)の誕生により、ゼロエミッションの達成に拍車が益々掛かって行きます。 

21世紀を生きていく私たちの選択が、未来の環境の在り方に大きな影響を与える事を、考えさせられます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました