なぜか最近、中古家電がバカ売れしています。

最近のトレンド

中古家電がバカ売れ。トレファク革命って何?

こんにちはパクパクです。 

今日は、「リユースファクトリー」という新たなビジネスモデルを構築した「トレファク革命!」について書いて行こうと思います。「カンブリア宮殿」でも放送される様ですから、一緒に学んで行きしましょう。

中古家電がバカ売れの理由

2010年には1兆円あまりでしたが、2020年には2兆4000億円を超えました。 

さらに2025年には3兆5000億円に成長すると見込まれています。 

何故、中古家電は人気なのでしょう? 

市場拡大の背景には、消費者のニーズの多様化があります。 

世界的な「SDG’s」の流れを受けて、リサイクルの推進など環境問題への意識の高まりや、フリマアプリの普及などで、若い人たちを中心に中古品を買って使うことに対する心理的な抵抗が小さくなってきているという見方が広がっています。 

それに加え、中古家電をめぐってはさらに2つの理由が重なって、最近関心を集めているようです。 

理由の一つはコロナです。世界の工場を自負する中国上海が、コロナで稼働できず。家電製品の根幹を成すICチップなどの主要部品の供給不足が起こったから、家電メーカーの生産が、急激に落ち込んだのです。 

ビジネスチャンスの到来か?

大型家電量販店では、下取りした製品を、自社工場を作り、持ち込まれた中古家電を洗浄し、故障個所を修理して再販売したり、型落ちした売れ残った商品も、系列の再販売店で取り扱っています。 

地域のリサイクルショップの様に、従来消費者の需要に対する供給が、賄えなかった時が続きましたが、大手家電量販店が、リサイクル向上を新設し、再販売店を展開する事で、新商品の売上ダウンの下支えを可能にしています。

トレファクって何?

トレファクは、 関東圏、関西圏を中心にグループ合計245店舗(2023年5月末現在)を運営し、洋服・ブランド品・家具・家電・スポーツ用品・雑貨等の買取、販売を行っている会社で、今回の「カンブリア宮殿」に、社長の野坂英吾氏が出演し、作家の村上龍と小池英子に、生い立ちから、親との確執に依る起業の歴史を語っている様です。  

社会人としての情報源として、今のトレンドを知りえる「カンブリア宮殿」の大切さを再認識しました。皆さんも毎回出なくても、気になるワードが有ったら、是非チェックして見て下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました